販売店
¥ 103,680
マイクプリアンプは2つあればいい、ただし最高のものでなくては

Focusrite ISAシリーズの歴史は1985年までさかのぼります。それはジョージ・マーティンが、伝説的コンソール設計者ルパート・ニーブにAIR Montserratスタジオにあったコンソールのための、新しいモジュールの設計を依頼したことに端を発します。そして製作されたモジュール ISA110が非常に優れていたために、ロンドンのAIR Studiosからも同様の依頼がやってきました。これらのオリジナル・モジュールが今日のFocusrite ISAシリーズの基礎となっています。伝説的なサウンドが、世界中のスタジオ、アーティスト、プロデューサー、エンジニアのもとへ届けられたのです。文字通り何百というヒット曲が、Focusrite ISAシリーズを通じて作られ、そして現在へと続いているのです。

2つの伝説的マイクプリ

Focusrite ISA Twoは、オリジナルのISA 110モジュールに搭載されていたマイクプリアンプのうち2つの独立したモジュールを一つのユニットに組み込んだものです、伝統的な最高のソリッドステート電子回路と、ルパート・ニーブ自身が特別に指定したオリジナルのインプット・トランスLundahl LL1538で構成されます。ボーカルと楽器の録音やピアノのステレオ収録など、”Two”は非常に万能な数と言えます。マイクプリは2つしか必要としないとしても、その作りや部品は最高のものでなくてはなりませんね。もしさらに多くのチャンネルが必要なら、 ISA 428 Mk II (4チャンネル)and ISA 828 (8チャンネル)のモデルもご用意しています。

可変式入力インピーダンス

オリジナルのマイクプリに一つだけわずかな調整が行われました。オリジナルのISA 110は固定のインピーダンスに設定されており、それは当時のマイクには理想の設定でもありました。ISA Twoでは3つのインピーダンス設定が追加され、ビンテージからモダンなマイクまで、多彩なマイクで最良の結果が得られるようになりました。ビンテージ・マイクには、その伝統的で暖かなサウンドの求める入力を。モダンなマイクにはかぎりなく透明なサウンドを。もちろんマイクの隠された魅力を引き出すための実験も可能です。さらに80dBを誇るゲインステージで、およそあらゆるマイクに対応することができます。

フロントパネルのインストゥルメント入力

マイクプリのほか、ISA Twoにはフロントパネルにはインストゥルメント・レベルに対応する入力が設けられ、ギター/ベースなどをすぐに接続することができます。リアパネルにはライン入力と、合わせてバランス・インサートポイントも用意されており、フロントパネルから有効化してEQやダイナミクスを始めとするアウトボード機器のインサートが可能となっています。これらに加え、キャリブレートされた8つのLEDメーター、可変式カットオフを持つハイパスフィルターも備えます。ISA Twoはレコーディングにおけるあらゆるニーズに、最高のクオリティで応えます。

主な機能
Lundahl LL1538マイク入力トランス

ルパート・ニーブは、オリジナルのISA 110に、Lundahl LL1538をマイク入力トランスとして採用していました。Lundahlトランスは、今日でも入手可能な中では最高品質のマイク入力トランスとして認知され、ISAマイクプリの全シリーズに使用されています。さらにISAシリーズの回路に使われた非常に調整の難しいZobelネットワークも、ルパート・ニーブの熟練の知識と黄金とも称される耳によって完成されました。

最大80dBのゲイン

最大80dBのクリーンかつ歪みのないゲインを備えます。高い評価を誇るISAのトポロジーは、もっとも高いゲインレベルにおいても低ノイズを実現します。トランスのみでも20dBものゲインを得ることができ、ISAの入力ステージでは60dBのゲインを追加することが可能です。結果、80dBという驚くべきゲインをマイク入力で得ることができます。

入力インピーダンス切り替え

入力インピーダンスは、オリジナルのISA110を含む4つの異なるタイプから選択できます。お使いのマイクがビンテージモデルであっても、プリアンプと適切にマッチングさせ、ベストなサウンドを引き出します。インピーダンスは、フロントパネルから選択でき、電源をオン・オフしても設定は保持されます。

ユーザー・キャリブレーション対応メーター

各チャンネルには信号のレベルをくっきりと表示するLEDメーターが用意されています。DAW側のコンバーターなどに合わせるための調整ノブがリアパネルにあります。クリッピングなどを回避するための確実な設定が可能となっています。

フロントパネル・インストゥルメント入力、リアパネル・ライン入力

フロントパネルには2つの1/4インチ・ジャックが備えられ、非常に透明度の高いDI入力を提供します。リアパネルにはTRSラインが設けられており、必要とする入力を順送りに切り替えて選択することができます。

可変カットオフ・ハイパスフィルター

大きなノブと自照式のボタンでアクセスの容易なハイパスフィルターは18dB/octとオリジナルのISA110モジュールと同じデザインを採用しています。唸りや響きといった不要な低域のサウンドのカットに最適なフィルターです。16-420Hzと幅広いレンジで、不要な音を取り除き、必要なものだけを残すことができます。

リアパネル・バランス・インサート

各チャンネルには独立したバランス・インサートポイントが用意されています。1/4インチTRSによりセンド・リターンが可能なため、外部シグナル・プロセッサーを接続し、フロントパネルの自照式ボタンからオン・オフを切り替えることができます。