販売店
¥ 324,000
製品概要

RedNet 4は、リモートコントロールに対応する8チャンネルのFoucsrite最新マイクプリ/ライン入力を備える、RedNetシステムにイーサネット・ケーブル1本で接続可能なインターフェイスです。2つの選択式DIも備えたRedNet 4は、多彩で効果的なアナログ入力をネットワークシステムに提供します。Foucsriteのワールドクラスの精度を誇るA/Dコンバージョンに加え、マイク/ライン/DI、ゲイン、ファンタムパワー、HPFを搭載し、さらにフロントパネルからはメーターにアクセスすることができます。マイクプリのゲインはリモートで調整可能なため、収録素材の側にプリを設置してアナログケーブルの長さを最短にしつつ、コントロール・ルームからゲイン・ステージの設定を変更することができます。

主な機能とパフォーマンス
  • 8チャンネルの高品質なFocusrite ‘RedNet’ マイクプリアンプ
  • DCカッブルによるシグナルパスによる、オープンかつ透明度の高い特性のサウンド
  • 切り替えによるライン/DIで柔軟性の高い入力を確保
  • Yamaha CL/QLシリーズ・コンソールからリモートコントロール可能なゲイン、ファンタムパワー、ハイパスフィルター
  • ダイナミックレンジ: 119dB
  • THD+ノイズ: <0.001%
  • 最大マイク入力レベル: +16dBu
  • 最大マイク入力ゲイン: 63dB
  • JetPLL™によるジッター低減テクノロジー
  • パワフルなGUIを備え、包括的なリモートコントロールを提供するRedNet Control 2ソフトウェアが付属
RedNetとは

RedNetは、Focusriteのイーサネット・ネットワークオーディオ・インターフェイスのフラッグシップ・レンジです。AudinateによるDanteデジタル・オーディオ・ネットワーク・システムのパワーを最大限に引き出し、あらゆるオーディオ・アプリケーションにスタジオ・クオリティのサウンドをもたらします。RedNetの根幹は極めてスケーラブルであり、ニアゼロ・レイテンシーのオーディオ送出システムが、I/Oチャンネルの拡張、デジタル・コンポーネントのインターフェイス、Pro Tools|HD、MADI、Danteオーディオ・ネットワークの統合を実現します。*レイテンシーはホスト・システムや接続方式、サンプルレートによって異なります。

製品仕様
マイクロフォン入力:ゲインレンジ
0 dB、8 ~ 63 dB、1 dB ステップ設定
マイクロフォン入力:タイプ
クラシック ISA ベース、電子バランス Zin = 2.4 k Ω
マイクロフォン入力:最大入力レベル
+16 ± 0.5 dBu; min. gain for 0 dBFS, Rs = 150 Ω , pad out
マイクロフォン入力:最小入力レベル
-47 ± 0.5 dBu; max. gain for 0 dBFS, Rs = 150 Ω , pad out
マイクロフォン入力:周波数特性
20 Hz ‒ 55 kHz ± 0.1 dB (-3 dB @ 80 kHz, fs = 192 kHz); Rs = 150 Ω
マイクロフォン入力:THD+N
< 0.0007% @ -1 dBFS; +15 dBu input, Rs = 150 Ω , 20 Hz ‒ 22 kHz
マイクロフォン入力:ノイズレベル
EIN -128 dB; 60 dB gain, Rs = 150 Ω , 20 Hz ‒ 22 kHz
マイクロフォン入力:ファンタム電源
48V、チャンネル毎に設定
マイクロフォン入力:S/N 比
119 dB ‘A’ -weighted; Rs = 150 Ω
ライン入力 :ゲインレンジ
-12 ~ 42 dB、1 dB ステップ設定
ライン入力 :最大入力レベル
+24 ± 0.5 dBu; min. gain for 0 dBFS
ライン入力 :最小入力レベル
-30 ± 0.5 dBu; max. gain for 0 dBFS
ライン入力 :周波数特性
20 Hz ‒ 20 kHz ± 0.1 dB
ライン入力 :THD+N
< 0.003% @ -1 dBFS; +23 dBu input, min.gain, 20 Hz ‒ 22 kHz
ライン入力 :S/N 比
117 dB ‘A’ -weighted
DI 入力 :ゲインレンジ
+14 ~ 68 dB、1 dB ステップ設定
DI 入力:最大入力レベル
+17 ± 0.5 dBu; min. gain for 0 dBFS
DI 入力:最小入力レベル
-37 ± 0.5 dBu; max. gain for 0 dBFS, pad out
DI 入力:周波数特性
20 Hz ‒ 20 kHz ± 0.1 dB
DI 入力:THD+N
< 0.001% @ -1 dBFS; +9 dBu input, min.gain, 20 Hz ‒ 22 kHz
DI 入力:S/N 比
112 dB ‘A’ -weighted
アナログハイパスフィルター :設定
チャンネル毎
周波数 / スロープ
-6 dB @ 65 ± 3 Hz, 12 dB/octave
クロストーク :入力から入力
<-80 dB(すべての他チャンネルは 0 dBFS)
対応サンプルレート
44.1/48/88.2/96/192kHz
クロックソース
内部またはネットワークマスターデバイス
電源ユニット
内蔵、ユニバーサルタイプ。消費電力 45 VA
フロントパネルインジケーター:電源
フロントパネルインジケーター:ネットワーク接続
フロントパネルインジケーター:シンクロック
フロントパネルインジケーター:サンプルレート
黄 x 5
フロントパネルインジケーター:チャンネル 1/2 ソース
黄 x 3(mic/line/inst)
フロントパネルインジケーター:信号レベル
緑x8=-42dBFS;黄x8=-6dBFS;赤x8=オーバーロード
フロントパネルインジケーター:チャンネル選択ボタン
8
フロントパネルインジケーター:チャンネルファンクションコントロール
入力ソース選択、HPF、ファンタム電源、ゲインコントロール
フロントパネルインジケーター:チャンネルディプレイ
カラー OLED:選択チャンネルと入力ソース、ゲインを表示